共通テスト3年目は

query_builder 2022/12/16
ブログ
20221226001

実施2年目となった2022年共通テストですが、過去の共通一次試験やセンター試験がそうであったように、実施初年度との比較では難化すると予想されていました。


実施結果を見ますと、5教科900点集計の最終予想平均点は、5教科8科目文系では508点、5教科7科目理系では513点で、予想をはるかに上回るダウンとなり、得点率は文理共に6割を下回りました。得点率8割以上の高得点者の人数は、文系が前年の33.8%、理系が37.5%にとどまり、、成績上位層にも大きな影響を与えました。


この最大の要因は、数学ⅠA、数学ⅡBの平均点がそれぞれ前年より19.7点、16.9点も大幅にダウンしたためです。


また、理系の平均点が文系よりも大きくダウンしたのは、化学(マイナス10.0点)生物(マイナス23.8点)の大幅ダウンが影響しています。


平均点ダウンが大きかった科目では、教科的なレベルアップが図られ、問題文の分量増加に対応できる読解力や、複数のテキストが題材となったことで、より高度なレベルの思考力・判断力が要求されました。

目新しい題材の問題との出会いへの対応が今後のカギとなります。

情報に惑わされることなく、目の前のひとつひとつの課題を丁寧に乗り越え、傾向と対策をしっかり見極めたうえで、効率の良い戦略で戦うことが必要不可欠といえます。


制度の過渡期ではやむを得ない状況ではあります。前向きにとらえて戦い抜いて欲しいと願います。


共通テストまであと1カ月を切りました。


自分を信じて頑張ろう!
















記事検索

NEW

  • 逆転合格を実現する3つの条件

    query_builder 2024/06/18
  • 春日野中学校 テスト対策 無料体験

    query_builder 2024/06/11
  • 令和7年度大学入学者選抜実施要項発表

    query_builder 2024/06/07
  • 成績を上げたい方

    query_builder 2024/05/27
  • 「自分でやってみる」の引き出し方

    query_builder 2024/05/23

CATEGORY

ARCHIVE