【英検】英語検定試験 問題形式 リニューアル

query_builder 2023/11/21
ブログ
IMG_8466

すでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、実用英語技能検定(英検)の問題形式が、一部リニューアルとなっております。


対象級(1級・準1級・2級・準2級・3級)


英検は、いままで、学習指導要領をもとに、英語力を踏まえた出題を行ってきました。


現行の学習指導要領の「外国語」では、複数の技能(領域)を統合した言語活動の充実を図ることが目標とされています。


知識や技能の習得のみならず、コミュニケーションを行う目的や場面、状況に応じた言葉の運用を考えるなかで、思考力や判断力・表現力を求められることとなりました。


2024年度の第一回検定からの実施が予定されています。


詳細は、変更の可能性がありますが、大きな変更点として、


既存の英作文の出題数が増え、新たに要約問題が追加されることとなりました。


受験生にとっては、「英語の問題を読んで英語で要約」というのは、かなりの負担になります。


しかしながら、現実問題として、意見論述を読解したうえで、要点をまとめるという作業は、語学力としては、必要不可欠といえるものであり、傾向が変わるから敬遠する、というよりは、真の英語力を身に着けるために、新たな武器を装備する進化に向けて立ち向かうチャンスと思われます。


事実、2級は、高校卒業レベルの位置づけでありますが、2級取得者が、大学共通テストや、赤本をはじめとする過去問題で、高得点をとれるかというと、学生ごとにかなりの格差が生じているのが現状です。


当たりハズレで受かった・落ちた・・・・というよりは、着実に使えるチカラを身に着けることができるようになったと、前向きに取り組める受験生に希望の光が差すのではないでしょうか?


特に、現高校2年生は、変化の取り巻く渦中のなかで、大学受験へ突入していきます。環境の変化に対応して、無限の彼方へ飛びだして欲しいと感じる今日この頃です。


問題変更後の英語検定においても、対策授業は今後も続けてまいります。


ご心配な方は、お気軽にお声掛けください。


ちなみに、スタディファンでは、英会話個別授業の中で、スピーキングのみならず、要約問題や英作文問題を含むライティングの授業も取り入れております。


ご安心ください。














記事検索

NEW

  • 高校受験 神奈川県公立高校 志願倍率 確定

    query_builder 2024/02/08
  • 中学生 テスト対策実施中

    query_builder 2024/02/02
  • 2月無料体験受付中

    query_builder 2024/01/23
  • 合格をつかむ最終戦略

    query_builder 2024/01/15
  • ラスト一か月は、全力でコンディション調整を

    query_builder 2024/01/04

CATEGORY

ARCHIVE